グラステムセルがエイジングケアに効果的といわれる理由は、「幹細胞培養エキス」という注目成分を高濃度で配合しているからです。

グラステムセルの全成分、注目成分について詳しく解説してみたいと思います。

グラステムセルの全成分 敏感肌でも使えるやさしい配合

⇒ グラステムセルの公式サイトはこちら

まず最初に、グラステムの全成分表示を確認しておきましょう。

敏感肌の人でも使える成分配合になっていますが、肌に合わない成分がある人は予め確認しておきましょう。

水、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、グリセリン、ペンチレングリコール、DPG、リンゴ果実培養細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、アルガニアスピノサカルス培養エキス、ブドウ果実細胞エキス、サポナリアプラミカス培養エキス、コンフリーカルス培養エキス、エリンギウムマリチムムカルス培養液、アーチチョーク葉エキス、水溶性プロテオグリカン、セレブロシド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、ヒトオリゴペプチド-13、合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-5、オリゴペプチド-68、スクワラン、オリーブ果実油、オレイン酸Na、ダイズ油、水添レシチン、レシチン、カルボマー、水酸化K、キサンタンガム、(スチレン/VP)コポリマー、エチドロン酸、エチドロン酸Na、EDTA-2Na、イソマルト、BG、ポリソルベート60、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、トロポロン、乳酸、フェノキシエタノール

肌にやさしいといわれるグラステムセル。

その理由は配合成分のほとんどが皮膚を活性化させたり、肌への負担を軽減するものだからです。

実際のところ、ユーザーの口コミで「グラステムセルは肌に合わない」という意見はほとんどないんです。

ただし化粧品である以上、肌に合わない人は少なからずいるでしょう。根のため、敏感肌の人はパッチテストをしてから使用してくださいね。

全成分表示から分かったこと

一番注目したいのは、「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」が高濃度で配合されていることです。

化粧品の全成分表示は、配合率が高い順に記載することが法律で義務付けられています。(ただし1%以下は順不同)

注目成分の「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」は最初の方に記載されていますよね。

決して話題作りで配合されているわけではなく、高濃度で配合しているのが全成分から確認できるわけです。

商品によっては「話題の成分〇〇を配合!」と宣伝しながらも、実際はごくわずかしか配合していないこともあるんです。

広告や宣伝にダマされないためにも、化粧品の全成分を確認する習慣をつけておくといいですよ。

グラステムセルの注目成分と効果

グラステムセルの注目成分について、特徴や期待できる効果を整理しておきます。

「ヒト幹細胞培養液エキス」で効果的にエイジングケア

なんといってもグラステムセルの注目成分は「ヒト幹細胞培養液エキス」。

シワ改善効果、美白効果、抗酸化作用、発毛・増毛効果など、いろいろな効果が研究で明らかになっている成分です。

「ヒト幹細胞」は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成するはたらきを持った細胞のこと。

年齢が若いうちはヒト幹細胞が活発にはたらくので、肌の生まれ変わりもスムーズです。

でも年齢を重ねるにつれて幹細胞が減少すると、シワやたるみの悩みが増えてくるんです。

ヒト幹細胞培養液エキスを補うことで、肌の内側から再生を促進して、若いころのようなハリ・弾力のある肌を取り戻します。

アーチチョーク葉エキス

フランス料理などに使われている西洋野菜で、肌を引き締めたり、ハリ・ツヤをアップさせる効果が期待できます。

セレブロシド(天然セラミド)

すぐれた保湿力を持った美肌成分。人間の肌にあるセラミドに構造が近いので、肌に浸透しやすいという特徴があります。

油溶性ビタミンC

皮脂の酸化を抑制する効果、メラニンの生成を抑制する効果、コラーゲンの生成促進、コラーゲン分解酵素の抑制効果などが期待できる成分です。

加水分解ヒアルロン酸

乾燥しがちな肌にうるおいを与える保湿成分。たった1gで6リットルもの保湿力があるといわれています。

加水分解コラーゲン

保湿効果に優れた成分。肌表面でしなやかな保護膜を作り、肌を保護する効果が期待できます。

グラステムセルの全成分・注目成分まとめ

グラステムセルは「ヒト幹細胞培養液エキスが高濃度で配合されているので、年齢肌のケアに効果的なスキンケアといえます。

一度使ってみると、高評価の口コミが多いのも納得してしまいますよ。